難しすぎるぞ!問3に苦戦もトータルで80点取れたか?|第142回日商簿記検定2級を受験してきた☆ 4

スキルアップ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、ダンディPPです!

 

前回の続きで簿記2級の試験内容のレビューです。
※前々々回のブログはこちら
※前々回のブログはこちら
※前回のブログはこちら

 

問5のレビュー

問5は工程別原価計算でした。

2段階に分かれて製品にするのですが、最初の工程で仕損を、次の工程で材料の追加投入を考える必要がありました。

 

ただし、基本的なこと(例えば、仕損を完成品のみか完成品と月末仕掛品に振り分けるかによって変わる処理の仕方など)が分かっていれば、難しいことはありませんでした。

 

第一工程と第二工程のBox図を描き、提示されている金額などの数値をそこに埋めたら、後はひたすら電卓を叩くのみ。

 

都合8分で解けました。

 

試験後の解答速報を見ても間違いが見当たらず、問5で20点Get!!

 

問2のレビュー

問2は株主資本等変動計算書でしたね。

 

こちらは問題文をそれぞれ素直に仕訳して、順番に表に記入していくだけ。

後は合計金額を間違えなければOKでしたので、正答率は高いと思います。

 

解答速報を見る限り、私も間違えることなく問2で20点Get!!

 

問3のレビュー

問3は貸借対照表でした。

 

この問題は酷い、酷すぎるくらいのゲキムズ問題でした(T ^ T)

試験後、Twitterを見ると「過去最高の難しさ」や「終わった」の文字が多数。。。

 

奇跡的に200%定率法の減価償却は勉強していましたが、法人税の計算までたどり着くことは困難で、最終的に算出する繰越利益剰余金なんて遥か先(^o^;

 

ただ、ここまでで12+17+20+20=69点、費やした時間は45分くらいだったので部分点を狙おうと割り切れて取り組めました。

 

比較的、簡単な

  • 貸倒引当金(未処理案件の売掛金分も忘れずに)
  • 経費の振替
  • 保険料の振替
  • 借入金とその利息
  • 商標権の償却
  • 賞与引当金

をミスなく回答しました。

 

多分、問3で半分の10点は取れていることでしょう。

 

 

結果、自己採点80点で見事合格!!

 

と予想しています。

結果は4月上旬、楽しみに待つとします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました