息子がキッズモデルに!親は自作ボードに苦戦も自画自賛w|キッズ時計が公開☆ part.1

子育て
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、ダンディPPです!

 

早いもので息子も2歳9ヶ月を迎えようとしています。

 

たまに病気はしますが、すくすく育ってくれており、嬉しい限りです♪

 

そんな息子の姿を残す一つのイベントとしてキッズ時計に応募してみました!

 

 

キッズ時計とは

キッズ時計をご存知の方も多いかと思いますが、簡単に説明を。

 

時刻が書いてあるボードを持った子供たちが1分おきに切り替わり時間を知らせてくれるウェブサイトです。

 

そして、キッズが持つそのボードは自作・持参しなければならないのです。

しかも、今回採用となった回は時刻用とメッセージ用の2枚(A4サイズ)。

 

 

前日にボード制作・・・

撮影日は1月某日。

年明けくらいから、もうそろそろ作らなくちゃねぇ〜、なんて妻と話していたのですが、気がついたら前日になっていました(^o^;

 

これはヤバイということで昼間、息子を義母に預けて妻と100均で材料を揃え、ファミレスで制作開始。

 

妻がメッセージボード、私が時刻ボードと分担し、それぞれ完成イメージを固めました。

 

そして、作業開始。

 

何十年ぶりの図画工作。確か成績は可もなく不可もなくの3だったなぁ。

 

そんな自分がちゃんと作れるのだろうかと不安に思いつつ、進めていきました。

 

息子を想い・・・

私たちがボードを作るにあたって、息子のことを想い、それをボードにしました。

 

妻のメッセージボードは、偏食気味の息子にご飯をしっかり、なんでも食べるようになってほしい、そして強い体になってほしい、という願いを込めて「ランチプレート」に。

 

私の時刻ボードは、息子が大好きな車をモチーフにし、颯爽と駆ける息子の姿と重ね合わせました。

 

けっこう気合を入れて制作したので、夕方には終わらず、息子が寝静まった深夜にも及びました。。。

 

結局、それぞれ述べ7時間をかけて完成。

ホント疲れました(^-^;

 

 

 

つづく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました