都立大学・Fleu[r]のYさんは安定化あるぅ〜!|3回目のCUTTALOCA

ヘアカット
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、ダンディPPです!

 

前回のカットモデルのお話のつづきです。
前回のブログはこちら

 

ちなみにカットモデルは和製英語らしく、正しくは「model for hair style」というらしいです。(Googleで探したサイトより)

 

スタイリストなのになぜカットモデルが必要??

狙うべきヘアスタイルも決まり、まずは洗髪から。

慣れた手つきでサーッと洗ってくれました。

 

そして、カット。

迷いなくハサミを入れてくれつつ、適度に会話も振ってくれました♪

お互いが住んでいるところや出身、いつから東京に出てきたかなどお話ししました。

 

そして、前回も聞いたこの質問をぶつけてみました。

 

「Yさんはスタイリストなのに、どうしてカットモデルを募集しているんですか?」

 

Yさん曰く、

「そうですね、やっぱり勉強は必要かなぁと思って。美容業界もどんどん変わっていくんですよ。新しい技術が出てきたり、流行りの髪型も変わるし。だから、勉強が必要なんですよ。」

 

うん、100点満点の答えですね(^o^)/

 

前回もそうでしたが、こういう志の高い人だと安心できますし、お願いしたいという気持ちも高まりますよね〜☆

 

元気な毛ですねぇ〜。

そんな会話を続けているとカットもひと段落し、いよいよパーマです。

手際よく、カーラーを巻いていきますが、時々巻いたはずの毛がピョンと出てきました(笑)

 

悪戦苦闘するYさんは

「まっすぐでホント元気な毛ですねぇ〜。」

と言っていました。

 

それから、これは私の癖?ですが、カットやパーマなどしてもらっている時に鏡越しでガン見してしまうんです。

Yさんは見られることがあんまり好きではないらしく

「そんなに見ていて楽しいですか?(笑)」

と軽く牽制してきました(^^;

 

「はい、楽しいんです。」

と言って私もガン見をやめませんけどね(笑)

 

カーラーやピンに髪を巻きつけ終わり、パーマ液をかけ普通の人より長めに時間をおきました。

しかも、パーマ液も最も強い液を使用したらしいです。

そんなに私の直毛は強いのか・・・。

 

これが完成形!!

さてさて、それでは完成形を全周囲でお見せします!

 

まずは、正面ビュー。

スマホのカメラが、なんだかラピュタの巨神兵みたい(笑)

IMG_2308

 

続いては、右側面ビュー。

ツーブロックが後頭部の方まで繋がっているのがわかります。

IMG_2306

 

そして、背面ビュー。

直毛だった髪にクセがつき、でもいい感じにまとまっています!

IMG_2307

 

大満足の仕上がりですが、大満足なのはその費用も♪

 

今回の費用(税抜き)は

  • CUTTALOCAのシステム使用料:500円
  • パーマ料金:1,000円

つまり、1,500円(税抜き)でパーマができたんです!!

 

もう、最高です!

 

昔は普通に1万円位払っていたのに。。。

時代は変わるもんです。

 

このシステム、使えるうち(年齢も含めw)は使い倒していこうと思います。

 

 

都立大学にある美容室Fleu[r]のYさんもオススメですよ!!

よかったら是非通ってみてください☆

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました